わきがはただの汗臭さとは違う?不快な臭気を解消する工夫について

わきがの特徴と発生の原因

わきがは多くの場合、わきや股間など肌が常に密着している部位から生じるため、発汗による臭気と誤解される傾向があります。しかしわきがは普通の汗臭さとは異なるので、適切な対処法も違う点を注意します。わきがは汗腺の一種であるアポクリン腺から分泌された体液が発生源ですが、体液そのものは殆ど臭気がありません。表皮や体毛に付着している雑菌が体液を分解する際に発生する特有の臭気がわきがになります。そのため、表皮が不潔な状態であったり体毛が密集して生えていると不快な臭気が発生しやすくなります。また、わきがは発汗量に関係無く生じるのも普通の汗臭さとは異なる特徴です。また、アポクリン腺から分泌された体液は衣類の生地を黄色く変色させる作用があります。そのため、身に着けている衣類の状態からわきがの有無を判別することが可能です。わきがは新陳代謝が活発になると生じやすくなります。また、脱毛などアポクリン腺に過剰な刺激を与え続ける行為も体液の分泌を促す原因になるので注意が必要です。

わきがの臭気を解消する方法と健康管理

わきがの悪臭はアポクリン腺から分泌される体液を取り除くことで軽減させることが出来ます。日頃からこまめに肌を拭き取って清潔な状態に保つことが悪臭の予防に繋がります。また、体毛の除去も効果的な対処法の一つですが、処理を誤ると肌を傷つけるので慎重に行うことが大切です。特に子供がわきがになった場合は肌の傷みが悪臭の増大に繋がりやすいので、専門医による治療を受けるのが賢明です。わきがは偏食や体調不良で生じることもあるので、毎日の生活を見直して健やかに暮らす習慣を持つことが悪臭を解消するための心得になります。

肌の露出が増える夏は、わきがが気になってしまいがちですが、治療によりそのニオイがかなりおさえられます。