脂肪除去の新しい形!脂肪溶解注射のすすめ

脂肪溶解注射とは何のこと?

脂肪溶解注射はメソペラピーとも呼ばれるダイエット手法の一つで、脂肪を溶かし細胞自体の数を減らすことで痩せた身体を作っていきます。注射を使って脂肪を溶かす手法で、セルライトのような頑固な脂肪にも対応します。「メスを使わない脂肪吸引」とも呼ばれ、身体への負担が少なく施術時間が10分程度と短いことから、施術後当日から日常生活を送れる利点があります。

脂肪溶解注射は怖くない?

従来の脂肪溶解注射では、フォスファチジルコリンという成分を使っていましたが、脂肪溶解時に炎症を起こすため腫れや痛みを生じる弱点がありました。現在使われているサポニンという成分によって炎症が起きにくくなったため、安心して治療を受けられるようになりました。脂肪吸引で見られるような施術後の凹凸感が少ないため、綺麗な仕上がりが期待できます。

脂肪溶解注射がおすすめな人の特徴は?

脂肪溶解注射は、まとまった休みが取れない人や、誰にもばれずにこっそりと痩せたい人におすすめです。また、お腹周りや二の腕など部分的に注射を打つ手法のため、プロポーション全体を整えたい人や、なかなか痩せない場所をどうにかしたい人に効果が期待できます。

脂肪溶解注射を受ける際に注意すること

脂肪溶解注射は痩身効果の高さが特徴ですが、他の化学療法と同様に効果には個人差があるため、身体に合わないと感じた時には医師への相談が必要です。また、皮下脂肪が2センチメートル以上ある場合は他の療法の方が効果が高い場合もあるため、施術前にしっかりとしたカウンセリングを行いましょう。

脂肪溶解注射とは、皮下脂肪に薬剤を注入して脂肪を分解・液体化させ、血液中に流し、最終的に尿となって排出される、といった痩身法のひとつです。薬液配合はクリニックによって違うようです。